配送先住所を自動チェック

「注文をいただいたら、一つひとつ手作業で住所を確認して発送するんですが、すっっごく手間がかかって、ミスもあるんです」
「だからといって、何もチェックしないと、住所に誤りがあったとき、配達が遅れてお客様を待たせてしまう…」
「配送先の住所確認は必要なんですけど、目視確認の手間は減らしたいんですよね」
ネットショップオーナー

ひとりでも多くの方に確実に商品を届けるため、発送前の住所チェックは欠かせません。

配送先の「住所」を自動チェックできれば、「目視確認」を減らせて「確認もれ」を防止できます。

ユーザーもオーナーも安心して利用できるECサイトになることで、

ユーザー満足度の向上につながります。

入力された住所の有効性を判別できる

Single Request API

「配送先住所」を自動チェックして、
発送前の目視確認を減らす

Before

住所確認に時間がかかり、住所に不備があると遅延するイメージ

配送先住所の目視チェックの手間がかかる

住所誤りがあった場合、発送が遅れて、お客様を待たせてしまう

After

配送先住所の自動チェックにより、手間がかからない

住所の誤りも減るため、発送遅延も減る

Single Request APIの活用シーン

入力された住所を自動チェック ①

  • 自動でチェックするため、目視作業の手間が減ります

  • 入力不備として多い「番地」情報の記載モレを検出することができます
目視作業せずに住所の不備を検出するイメージ
目視作業せずに、住所の不備を検出

入力された住所を自動チェック ②

  • 自動でチェックするため、作業者によるチェック基準の違いも生じないため、チェック漏れを削減できます

  • ブラックリストをお持ちの場合は、住所表記ゆれを悪用した、”いたずら”や”なりすまし”などの不正注文検知にも活用いただけます
基準を統一し、チェック漏れを防止

ユーザー入力時に住所の有効性をチェック

  • ECサイトでユーザーが住所を入力した時点で、住所の有効性を確認し、不備の検出や補正が可能です

 

  • 過去住所にも対応しているので、古い住所が入力されても安心です
ユーザー入力時に住所の不備を補正できるイメージ
ユーザー入力時に補正することも可能

「配送先住所を自動チェック」からECを後押し