住所の入力ルールを統一

「CRMやSFAを導入してるけど、期待した効果がなかなか得られないんですよね」
「特に住所の入力作業は面倒だし、人によって書き方がバラバラなので、後で名寄せも必要になるんです」
「なので営業部内にもあまり定着していません」
顧客管理担当

顧客データに重複や間違いがあると、マーケティングの効果も下がってしまいます。

様々なチャネルから入ってくる住所の記入ルールを統一するだけで、

住所リストが整い、情報共有の最適化につながります。

住所の入力ルールを統一できる

Single Request API

住所リストの質を安定させ、
社内の情報共有を最適化

Before

住所の入力ルールがバラバラなイメージ

営業担当、オペレーターなど、入力者によって “住所の入力ルール” がバラバラなため、CRMやSFA内の住所情報はバラバラ

After

住所の入力ルールが統一されるイメージ

様々なチャネルから入力される “住所の入力ルール” を統一することで、社内の情報共有を最適化できます

Single Request APIの活用シーン

CRMやSFAへ キレイ に住所入力

  • 住所入力時に表記「ゆれ」を補正できます
  • 住所の入力ルールを統一することで、CRMやSFA内の取引先住所の「名寄せ」や「最新化」をリアルタイムに処理できます
  • 獲得したリードの情報共有が最適化され、マーケティング施策の効果を高められます
入力時に住所を正規化するイメージ
入力時に住所表記を正規化

住所の入力負荷を軽減

  • 顧客の「住所」をコピー&ペーストするだけで、
    • 住所階層毎の分割
    • 表記「ゆれ」や「不備」を補正
    • 古い住所を最新化
    • 住所階層毎の有効性確認

ができます

住所文字列をコピペするだけで正規化し自動分割されるイメージ
住所文字列をリクエストすれば自動分割

デジタル化した住所を自動分割

  • 手作業によるデータ入力やOCRで読み取った住所を顧客データへ入れる際にも活用できます
  • 手入力や手書きされた住所の妥当性チェックとしても活用できます
  • 一歩踏み込んだ顧客情報のデジタル化につながります
デジタイズした住所文字列の分割にも利用可能

CRM/SFAの効果を「住所の入力ルール統一」から後押し